理恵子紹介

横浜に生まれ、学生の頃から油絵、パステル画を勉強し
1973年渡仏 画家を目指しました。

帰国後、美術協会員として活動し中央・地方公募展で数々の賞を
受賞しました。

その後当工房代表広瀬の郷土である浜松市に移って
まいりました。

浜松市での当初は中央以外にも浜松や近隣の各市などの
美術展に絵画を出品して各美術展の最高賞を度々授与されました。

その傍ら、トールペイント(デコラティブペイント)に
出会うことにより、独自のペイントの創作に打ち込み、
その創み出される作品は海外でも認められ
ペインティングの本場、米国最大手絵具メーカー
「デルタ社」の招待により国内ペインターとして初めて
ノースカロライナで開催されたSDP:全米デコラティブ
ペイント協会にて「和のペインティング」を紹介し好評を得ました。

2001年 米国より世界最大の絵の具メーカー”デルタ社”の
後援を得て出版された作品集「Rieko’s Reflections」は
アメリカ・カナダを中心に各国で再販を繰り返し大好評を得ました。

国内では主に(株)日本ヴォーグ社刊ペイントクラフト誌
に作品がレギュラー掲載されていて、

掲載される作品の中でも
毎年の「干支」作品はじつに二廻り(24年間)を過ぎ、
依頼により来年(平成31年)の干支(猪)を無事完成いたしました。
最新刊出版は(全国有名書店で10月15日発売)。

そのほか米国デコアート社、デルタ社関連の業界紙にて作
品がたびたび紹介されていたり、東京ビックサイトで開催
される日本ホビーショーにて、毎年インストラクターを
務めてまいりました。

日本ヴォーグ社主催「世界のトールペイント展」に毎回招
待出展したり、公益財団法人日本手芸普及協会ペイント講座の
カリキュラムを手掛けております。

直接指導にあたっている講座には全国各地から受講生が集まり、
本教室以外にも各有名カルチャー教室にて講座を受け持っています

また、オリジナル作品【At Rie】ブランドで通販も
手掛けています。
なお、「NPO人道目的の地雷撤去支援の会」の依頼によ
りオリジナル募金箱はアテネ五輪の聖火とともに世界を廻り、
その後東京六本木ヒルズで展示されました。

デザイン、ペインティング共にオールマイティにこなし、希代の
猫好きでもある作者は 現在、日本ブランドの衣料品やカバン・
グッズなどに猫のデザインを施し好評を得ています。

2017年11月27日の中日新聞・浜松情報局 [遠州版]に
紹介されました

現在、浜北区宮口のアトリエを本拠地とし、アパレルデザインやトールペイントの創作活動の傍ら、
アトリエギャラリーとクリエート浜松で
定期的にトールペイント教室を開催しております。
(教室では基本からご指導しております)
また、分教室として浜松社会保健センターでも教室を開催中です。